静かなお喋り

アクセスカウンタ

zoom RSS (12月26日水曜)『年忘れ市馬落語集』

<<   作成日時 : 2012/12/27 16:33   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像 年末年始になると閉まってしまう店がある。文房具屋さんもそのひとつ。近所の会社が休みになってしまうのだから無理もない。パソコンの印刷用紙など、足りなくなりそうものは今のうちに買っておかなければならない。昼前に家を出て買い物へ。文房具屋さんで必要なものをいくつか買うが、欲しかった用紙が品切れ中。取り寄せてもらうとなると来年になると言う。まあ、まだ家にもストックがあるし、どうしても必要とあらば秋葉原に行けば元旦以外なら量販店はやっているだろう。その点、今の時代は便利だ。飲食店だって外食チェーン店はどこかしらやっている。コンビニだってあるしね。
 商店街は、正月用の飾り物を扱う屋台がズラリと並んでいる。今年は食べ物の屋台も何軒か出ている。
 スーパーに行けば、昨日までのクリスマス惣菜はきれいになくなり、もう、棚にはおせち料理が並んでいる。

 ランチは[あしあと]で魚料理ランチ。
 ぶりのグリル チーズ風味クリームソース。食後のドリンク付980円。

画像

 夕方に再び外出。秋葉原まで歩く。
 [ヨドバシカメラ]のホームシアター・コーナーで、テレビ用のスピーカーをまた下見。YAMAHAのシステムの音が好くなってしまう。当初検討していたDENONのものより、はるかにいい。しかし音がいい分、機械も大きい。しかも値段も四倍くらいになる。「どうしようか」と迷い、カタログだけ貰って、またしばらく検討することにした。
 [タワーレコード]でCDを一枚買い、[有隣堂]で欲しかった新書本を探すが棚に置いてない。これも急いだこともないから、どうでもいいか。

 JRで中野。
 [なかのZERO・大ホール]で『年忘れ市馬落語集』。
 落語会だと思って行くと驚くことだろう。前半は落語なのだが、後半は柳亭市馬がオーケストラをバックに歌う懐メロ歌謡ショウなんだから。
 入口で配られたプログラム・リストには、「真の落語ファン、落語愛好家・・・大ブーイングの中、今年もお賑やかに・・・」とあり、本日の番組として小さく落語が書かれた後、第二部の歌謡ショウの曲目がズラリと大きな文字で書かれている。
 冗談でやっているのかと思うと、ご本人、いたって本気らしい。それに付き合うお客さんも、半分冗談、半分本気で楽しんでいる。

第一部 落語
『二番煎じ』 柳亭市馬
『鈴ヶ森』 春風亭一之輔
『粗忽の使者』 立川談春
ー仲入りー
第二部 歌謡ショウ
第一景 三波、村田の世界
『チャンチキおけさ』 『花と竜』 『大利根無情』 『皆の衆』
第二景 昭和歌謡大全集
『あの娘が泣いてる波止場』 『おんな船頭唄』 『ソーラン渡り鳥』 『おんなの宿』 『夜霧の第二国道』 『宗右衛門町ブルース』 『別れの波止場』 『夜行列車』
アンコール
『赤いランプの終列車』

 三波春夫、村田英雄、三橋美智也、こまどり姉妹、大下八郎、フランク永井、平和勝次、春日八郎。
 けっこう若いお客さんも多かったが、こんなのわかる人が、果たしてどれほどいるものか。私の場合はかろうじて小さい頃にテレビやラジオから流れていて知っている。三橋美智也は好きでCDも持っているくらい。それでも大ヒット曲以外は知らないものなぁ。


以下、よかったらクリックして読んでください。

客席放浪記 年忘れ市馬落語集

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「夜霧の第二国道」ですが、
これは謎が多いのですよ。
だって国道1号線、別名第二京浜が
なんで第二国道なの?
しかも鶴見川崎周辺だけの呼称なんだよ。
それで横浜の三ツ沢からは横浜新道になるだよね。
Hide
2012/12/28 11:07
Hideさんに同感、横浜から荷物とかあって、タクシー乗る時に、
第二国道っていったら、第二京浜?と確認されて、初めて知ったのが20年くらい前、運転手さんでもわかる人、わからない人います。
市馬さん、二部凄いですね、趣味をここまで出せる人というのは! そのうち、R&Rとかやっちゃう人もいるかも?バンドつけて、白鳥さんなんかどうですか。
Utam
2012/12/28 13:00
 私も詳しくは知らないのだけど、インターネットで検索してみると、途中で名称が変わったりとかして、混乱がいまだに尾を引いているらしいですね。困ったもんだ。とくにこんなタイトルの曲がヒットしちゃったからますます訳わかんなくなっちゃってるんだろうけど
Cage
2012/12/28 16:05
Cageさんがこの会にいらっしゃるとは!と、少なからず驚いてしまいました。ちょっと(かなり)イメージ違うんですもん。
私はこんなこと(爆)になる前、市馬師匠が年末にお江戸日本橋亭で歌ってた頃はキャーキャー笑ってたんですけどねぇ。でも何回聞いても、歌はさっぱり頭に入ってきません。別に真の落語ファンでもなんでもなく、ブーイングもしてないんですが、今年はパスしました。
きびだんご
2012/12/28 22:56
 そうですか、イメージが違いますか。三橋美智也なんかは「いいなあ」と思いますけどねぇ。なにしろ『怪傑ハリマオ』で育った世代ですから。バス旅行があるとボクらは三橋美智也のこのテーマ曲を合唱しました。『星屑の町』『達者でナ』は今でも口ずさみますよ。アハハ
Cage
2012/12/29 15:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
(12月26日水曜)『年忘れ市馬落語集』 静かなお喋り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる