静かなお喋り

アクセスカウンタ

zoom RSS 四人席 独りで使う やなジジイ

<<   作成日時 : 2017/06/09 11:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
(2017年6月8日木曜)
 都心部を走る電車って、進行方向に縦に長く座席を配置した、いわゆるロングシート。しかし地方に行くと四人掛けのボックス固定型というのも多くて、あれはあれで旅行気分が味わえて楽しい。特に駅弁を食べたりビールを飲んだりなんていうのは、なぜかロングシートではやりにくいんですな。
 そんな四人ボックスシートばかりが並んでいる車両に乗ったとき、一番座りたい席はどこかというと、これはもう進行方向に向かって置かれているシートの窓際。これが一番楽しい。だからこういう車両はそういう席から埋まっていく。ひとりで乗った場合、進行方向向きシートの窓際だけが埋まっている場合、それじゃあ進行方向逆向きシート通路側に遠慮がちに座ることになる。さらに混んでくると、進行方向向きシート通路側とか進行方向逆向き窓際なんかに順々に座っていくなんてことになっていくわけですね。
 一人旅の場合、できるとならこの四人ボックスシートの進行方向シート窓際に座って、ほかに誰も来なければいいなと思うこともある。でもやっぱり車両は乗客みんなのもの。譲り合わなきゃいけません。

 先日、日光からの帰りに乗った列車が、この四人ボックス固定型の車両だった。車両のなかはそこそこ混んでいて、あとから乗り込んだ乗客は、どこか座れる席がいかとキョロキョロと探していた。するとこのボックスシートの進行方向シート窓際に、ひとり腰かけているジジイがいた(あえてそう言う)。あとの三席は空いているのだが、このジジイ、どうやら登山帰りらしいのだが、自分の隣の席に大きなザックを置き、登山靴を脱いで前のシートに足を乗せている。どうしても、このボックスシートは全てオレのものだ、誰にも座らせんという態度そのもの。進行方向逆向きシート通路側だけかろうじて空いているが、足を突き出されている隣には座りにくい。みんなこのボックスシートは避けて、別の何人か座っているシートを利用してた。いやね、またこのジジイが実に嫌な顔をしているのよ。世の中なにが面白くないのか、なんか怒ったような表情を浮かべていて、絶対にそばに行きたくない感じ。
 ちょっと常識があって礼儀正しい人間ならば、ザックは網棚に置き、足は前に投げ出さないでキチンと座る。それがちゃんとした大人の態度というもの。
 私が胸として、いつも書いていることだが、人から「いいトシした大人がみっともないよ」とだけは言われない人間でありたい。
 やだね、やだね〜。あんなジジイにはなりたくないね〜。

 昼メシは、茅場町の[Cherbourg シェルブール]。
 日替わりのランチ。今日はタンドリーチキン&チリコンカン。
 おお、インド料理とメキシコ料理の組み合わせ?
 タンドリーチキンというより、チキンソテーのカレー味って感じだったけど、おいしかった。

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうジイサンはみんなで窓から放り出したくなります。といっても窓開かないしね。笑 しかし車掌こないしね、こんなのどうしようもないですね、いい歳して。  西武は池袋からいくと、飯能でスイッチバックするので方向が変わり、向きをかえないといけないので変えるのですが、なぜかかえない人が多い。これがよくわからない(これって特急の場合です、2人席・指定なので)
Utam
2017/06/11 19:41
 オートバイに乗っていた頃は、よく秩父に行っていたのですが、西武線って飯能までしか乗ったことがない。今度行ってみよう
Cage
2017/06/12 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
四人席 独りで使う やなジジイ 静かなお喋り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる