静かなお喋り

アクセスカウンタ

zoom RSS 堂々と 鬼のイルマに 基地見学

<<   作成日時 : 2017/06/03 12:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

(2017年6月2日金曜)
 航空自衛隊入間基地の見学に行ってきた。
 東武東上線和光市駅で待ち合わせ。本日の参加者十数人と自衛隊広報担当数名がマイクロバスに乗って入間基地へと向かう。
 入門ゲートを抜けた先で、迷彩服を着た入間基地の広報担当官が数名乗り込んできた。「よく一般の方が入間基地に何の咎めもなく入り込むことができましたね。これはよく言っておかなくちゃいけませんね」とギャグをかましてくる。
 まずは会議室のようなところへ通され、本日の予定の説明。モニターパネルの横に制服姿の自衛官が立って説明する姿は、まさに軍事作戦会議のよう。
 本日の午前中の予定は、警備犬の訓練の様子を見学すること。またマイクロバスに乗って移動。
 警察犬というのはいるが、まさか基地で犬を飼って警備犬として養成しているしは思わなかった。自衛隊の基地にはどこでも、この警備犬が配置されていて、まず最初は、ここ入間基地で訓練を受けてから、各基地に配属されるとのこと。
 最初に見せてくれたのは、訓練士にピッタリついて歩く訓練。訓練士の先を歩いてはいけないし遅れてもいけない。常に訓練士の横について一緒に歩く。訓練士が止まれば犬もそれに合わせてビタッと止める。訓練士が走ればそれに合わせて同じ速度で走る。
 次が障害物の上を歩いたり、潜り込んだりする訓練。
 さらに見学者の匂いを付けた布を嗅がせ、それを5つの箱のどれの上に置いた布がその布かを当てさせる訓練。
 最後が、隊員が隠れた廃屋のなかから、その隊員を探し出す訓練。
 見事に捜し当てた警備犬はボールを咥えて出てきた。このあと、この犬にはそのボールで遊んであげるそうだ。犬にはあくまで訓練というより。すべてが「遊んであげている」という感覚で教えるらしい。水族館のイルカやアシカのショーはご褒美に餌を与えることで芸を仕込むが、犬の場合は食べ物ではなく、あくまで「遊び」の延長というのが面白かった。

画像

画像

 予定より早く警備犬の訓練の見学が終わったので、マイクロバスで入間基地を一周して見せてくれた。
 走っていると、ランニングをしている隊員の姿がたくさん見える。入間基地は一周すると約8キロあるそうだ。一度走り出したら8キロ走らないと元に戻ってこれない。隊員には年間400キロ走ることが義務付けられているんだとか(以前は600キロだったとか)。
 入間基地は世界でも珍しい基地で、その中心部の敷地内を西武鉄道の電車が走り抜けている。これがなんとも不思議。基地というと警戒厳重というイメージだが、そこを民間の鉄道が通り抜けているという、なんとも平和というか、相反する可笑しさを感じる。

 11時50分、曹士食堂で昼食。
 入間基地には約4100人が生活しているそうだが、その人たちがみんなここで食事をする。隊員たちは交代でここで食事をするそうだが、この広い食堂、ざっと500人くらいは入れそう。
 今日は金曜日ということで、海上自衛隊とも合わせて(?)昼はカレーライス。
 トレイを受け取り、料理の入った皿や飲み物、箸やスプーンといったものを乗せていく。
 本日の昼食がすべて揃った。
 チキンカレーライス、ツナ海藻サラダ、冷凍みかん、紙パックのコーヒー飲料。
 カレーは市販のカレールーに、さらに様々な香辛料を加えたという、かなり気合が入ったもの。海上自衛隊のカレーに負けてなるものかという隊員たちの意地だそうだ。ちなみに入間基地ではカレーに変わって現在、究極のからあげ作りに取り組んでいるそうで、それを名物にしたいそうだ。からあげは「空揚げ」と書くこともある。航空自衛隊にちなんだ料理ということらしい。
 肉体を使う自衛隊員にはこれくらいの量の昼食はペロリだろうが、私には多すぎると感じたほどの満腹感があった。

画像

画像

 午後は、航空自衛隊練習機T−4の見学。
 滑走路には離陸を待つT−4が数機。エンジンをかけて機体のチェックなどを行い、一機ずつタクシングして滑走路の端まで移動し、管制の指示で飛び立っていく。なんとかこの離陸していくT−4を撮ろうとしたが、なにせ相手は小型のジェット機。気が付くと離陸が始まっていて急いでカメラを取り出して空中のT−4に向けるのだが、凄い早さで飛んで行ってしまう。まったく追いつかない。
 参加者は交代でT−4のコックピットに乗せてもらえた。いや〜、練習機とはいえジェット機のコックピットに座れたのはもちろん初めての経験だから興奮しましたね〜。操縦桿を握るとなんだか空を飛んでみたいという気持ちでいっぱい。まあ自分の人生、間違っても航空自衛官になることはなかったろうけれど、このTー4で空を飛んだらどんなに楽しいだろうか。
 自衛隊機の色はどれもグレーだが、格納庫に赤いT−4がいた。これはいつもは福岡の芦屋基地に配備されているもので、たまたま現在、入間基地に来ていたもので、翌日にはまた芦屋基地に帰るそうだ。

画像

画像

画像

画像

画像

 本日最後の見学は、入間基地内にある航空歴史資料館、修武台記念館。ここは撮影禁止。
 映像ホールでの航空の歴史に関するガイダンス映像を見た後、2階のフロアで旧軍関連の展示。
 日本では空軍というものが存在していなくて、陸軍、海軍にそれぞれ航空隊がいた。アジアに展開した陸軍、太平洋に展開した海軍。やがて海軍が壊滅的な打撃を受けて、陸軍の航空隊にまで海軍の応援が命じられ、陸地の目標物で飛んでいた陸軍のバイロットたちは、なんの目標物もない海の上での飛行に戸惑ったとのこと。やがて特攻なんていう作戦になっていく。展示されている特攻機「櫻花」の実物、そして散って行ったパイロットたちの遺書は胸が痛い。
 1階部分は戦後の航空自衛隊の歴史の展示物。
 最後は保管庫に保存されている実機見学。
 明治時代、日本で初めて空を飛んだという二枚翼のアンリ・ファルマン。
 航空自衛隊F−1初号機とVー107救難ヘリ。

画像

画像

画像

 これで本日の予定はすべて終了。
 マイクロバスで朝霞基地経由で和光市駅。
 参加者のなかの希望者が残り、居酒屋での懇親会のあと解散。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これって町内会とかの見学会なんだったんですか?
次は北海道の例のミサイル追撃基地へ行ってレポートを。
Utam
2017/06/03 14:56
いいですね!大人の社会科見学、根強いプチブームですよね🎉旅行会社のツアーや自治体系の企画、盛り沢山ですね🚌入間基地は航空ショー時は、大人気らしいですね?自衛隊の
イベントも、知人と交流があった頃はたまに行きましたが、横須賀の潜水艦は印象深かったですね🚢
追伸⭐新宿余一のホームランのネタが、気になって仕方ないです🎯まあ、その内にあたると思いますので(苦笑)〜
グレート・ゴーヤ
2017/06/04 01:11
私は、昔にスリランカを旅行しました。
ある、田舎町のお祭りにMIG21が展示してあって、驚きました。
コックピットに座らせてもらい、空砲の30mm機関砲を
撃つ体験までしました。
移動遊園地のアトラクションみたいでしたけどね。
Hide
2017/06/04 05:32
Utamさん、今回のモニター見学の形での参加です。
グレート・ゴーヤさん、私は過去に富士の演習場、千葉の巡洋艦の乗船体験をしたことがあります。ホームランのネタは私も今回初めて観ましたが、後に上がった喬太郎がやり難そうでした(笑)。『シャバンシャバン』で検索して元ネタのYou Tube をぜひチェックしてみてください。
Hideさん、ミグに乗れたのはうらやましいな〜
Cage
2017/06/04 12:35
ユーチューブに時々こういう話が上がって
いるので、見たことがありますが、直接の
知り合いや友達の体験談となると、身近に
感じます。井上さんの記事おもしろかった
です。

ベルリン
2017/06/04 15:24
 どうもありがとう。
 自衛隊も国民の理解を得るために、いろいろなことをしていますね。自衛官って、基本的に「まっすぐ」な人が多い印象です。それでも話していると、案外柔軟で楽しい人がいます
Cage
2017/06/04 21:35
入間基地には私も10年ほど前に行ったことがあります。
知人に航空自衛隊出身の人がいて、その方の企画したオフ会で、毎年秋に入間基地で開催される基地祭(航空祭)を見に行ったのですが、記憶に残っているのはブルーインパルスの見事な展示飛行(機体はT4練習機とのこと)の他には、とにかく広い敷地とそれを埋め尽くすほどの観客、それほどの観客数に対して数が足りない架設トイレの前に並ぶ長い行列、この日だけ基地内での営業を許されていると思われる祭には付き物の露店が立ち並ぶ光景。露店ではやはり航空祭だけあって航空関係の土産物が目立ち、私も救難ヘリの刺繍をしたベースボールキャップを記念に買いました。
基地内では雑踏整理や交通誘導の為に警備にあたる自衛隊員を多く見かけましたが、当時はまだ迷彩服ではなく、それ以前に一般的に使われていたODグリーンの戦闘服(自衛隊では作業服と呼ぶらしいですが)を着ていました。
私も警備犬の訓練とか見たかったのですが、もらったパンフレットによれば午前中の早い時間帯に終わっていて、昼近くに到着した私達は見ることはできませんでした。
KAO
2017/06/08 04:12
 25年以上前に富士の演習を見に行ったときにナップザックを買って、今でも使っているのですが、さすがに古くなったので、今回新しいものを買いました。以前のは布製。今回のは強化ビニールみたいな材質。どちらも使いやすいです
Cage
2017/06/08 19:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
堂々と 鬼のイルマに 基地見学 静かなお喋り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる