静かなお喋り

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶然に 撮った写真を 推理する

<<   作成日時 : 2017/06/16 16:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

(2017年6月15日金曜)
 昨日、Utamさんが書き込んでくれたことで、私が月曜日に鎧橋の上で遭遇したロケ隊の謎がすっかりわかってしまった。
 霊岸橋でも早朝ロケをやっていたという証言。そこに阿部寛がいたという証言。日本橋地区で阿部菱がロケをしていたということは、これは東野圭吾の加賀恭一郎シリーズってことになるじゃないの。そして鎧橋と霊岸橋、二ヶ所ときてピンと来た。これは日本橋地区の神田川と、そこにかかる12の橋が重要なカギになる『祈りの幕が下りる時』に違いない。しかも近く明治座を一日借り切ってロケがあり、エキストラを募集していたって話。あの小説には明治座が出てくるものね。
 それでもう一度月曜日のことを思い出した。私は鎧橋の上を歩いていて、日本橋クルーズの船が鎧橋の下から現れたので、いつものように反射的にポケットからデジカメを取り出して撮ったわけです。普通、日本橋クルーズの船って土日祝しか運航しないから、珍しいなと思ったのは確か。
 そしてそれを撮っていた時に、黒いTシャツ姿のオニイサンに、「すみません、撮影中ですので」と言われて、鎧橋の先の方のたもとを見たらロケ隊がいたので、あっ、私が橋の上にいると映り込んでしまうので排除したかったのねと思って、その場を離れたのだった。
 しかし今から思うと、橋の上で役者さんの撮影があるのではなく、どうも私が撮っていた船が撮影用の船で、それを撮らないでくださいということだったらしい。

画像

 それでね、そのとき実はもう一艘、小さな船がいたのでついでに撮っておいた。そのときは何の関心もなく、一応船だからってことで。今朝になって、あのとき撮った小さな船の方の写真を、ボンヤリ見直していたら、これある意味不自然な船。スーツ姿の男がふたり、横向きに座っていて、船を操縦する人とライフジャケットを付けて立っている人がいる。これは役者さんを乗せた船なんじゃないの?
 パソコンで画面いっぱいに拡大して、よく見てみる。
 そうか、ひょっとすると座っているふたりは、小さくてよくわからないけれど、奥がヘアスタイルと身体つきからして加賀刑事役の阿部寛。手前はもうひとりの刑事役の役者さんに違いない。
 原作にあるんですよ。加賀刑事が神田川の日本橋周辺にかかる12の橋の謎を調べるために船に乗る描写が。

画像

 なんかね、パソコンに取り込んだ写真を前に、ちょっとした推理を展開した気分。小説か映画の主人公になったみたいで楽しかったな〜。

 このところ中華をしばらく食べてない。今日は浅草橋の『馥香 フーシャン』にしようと決めた。
 浅草橋を渡って北上。このひとつ下流にかかる橋が有名な柳橋。ひとつ上流にかかる橋が左衛門橋で、この橋が『祈りの幕が下りる時』ではキーになってくる。しかしこの橋、地味なんだよね〜。目立たないところにある橋だし、映像化するとなると画になならない気がする。話の設定からするとピッタリなんだけどね。ひょっとするともう脚本段階で別の橋に変えちゃったかも。以前、『アームチェア』っていう読書のページを書いていたときにも書いたけれど、いっそのこと私は豊海橋にした方がいいんじゃないかと思うんだけどな〜。
 そういえば、あの本を読んだ後に左衛門橋を見に行ったことがある。家に帰って調べてみたら、2013年10月27日だった。

静かなお喋り 2013年10月27日

 [馥香]の前に着いたら、もう13時を廻っているというのに列ができていた。ここは人気だから時々あること。今日はプランBを考えていなかった。うかうかしているとランチ難民だ。早く別の店を探さなくちゃ。でも今日は中華以外頭に浮かばない。浅草橋の駅まで戻ってガードを潜ったところに路面看板が出ている中華屋があった。この日替わりメニューの書かれた看板の、ナス、じゃがいも、角煮の煮込みが食べたい。

画像

 店はビルの階段を上った2階。
 ナス、じゃがいも、角煮の煮込みはすでに売り切れ。それじゃあもう一つの、白身魚の辛口炒めにしよう。

画像

 この[方味苑]というお店、日替わり以外にも定番のメニューが30以上あって、何を食べても700円。さらにセルフのドリンクバーも付く。

画像

 夜も食べ放題飲み放題の格安プランがあって、おそらく人気の店に違いない。

画像

 難は中華だから例によってランチタイムでも喫煙可。食べている間に、隣のテーブルと向かいのテーブルの人が煙草を吸いだして、ちょっと参った。

 チケットびあのポイント交換で手にした、上野[鈴本演芸場]の招待券で、中席夜の部。

『子ほめ』 春風亭一花
『たらちね』 蜃気楼龍玉
太神楽 翁家社中
『つる』 林家あんこ
『かぼちゃ屋』 柳亭市馬
漫才 ホームラン
漫談 三遊亭歌之介
『ちりとてちん』 柳家さん喬(金馬代演)
〜仲入り〜
紙切り 林家楽一
『洒落番頭』 五街道雲助
粋曲 柳家小菊
『抜け雀』 桃月庵白酒

 上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれたということで、「パンダの赤ちゃん」を切ってもらった。生まれたばかりの体長は15cmとかで、これでは紙切りにならないらしく、少し成長したパンダの赤ちゃんと親パンダ。

画像

 切り離した残りの方だと、ただのクマ。

画像

 高座返し〜仲入り時、客席に下りての注意事項連絡アナウンス〜出口での追い出し太鼓は、美人すぎる前座と話題の、金原亭乃ゝ香。間の時間も目が離せない芝居だった。これからは、彼女が前座で入っている芝居を探して寄席に行く人も出てきそう。

画像


以下、よかったらクリックして読んでください。

客席放浪記 鈴本演芸場六月中席夜の部

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Digital写真怖いですね。そこまで読めてしまう。なかなか、探偵家業まで手をだしているようです。笑 しかし、こういう感じなんでしょうね、いろんな事が繋がって見えてくるのは。びっくりでした。
豊海橋、賛成、 柳橋はジミです。
金原亭乃ゝ香 なかなかです。楽しみです。 パンダの切り絵、いいなー。
Utam
2017/06/19 08:02
 豊海橋って画になりますよね〜
Cage
2017/06/19 12:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
偶然に 撮った写真を 推理する 静かなお喋り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる